相続したくない・しない

「亡くなった方にあまり財産がなく多額の借金はある」
「遺産の資産・借金が不明で相続してよいか不安」
「相続トラブルに巻き込まれるぐらいなら、相続したくない」
そのような、相続したくない・相続しないといったことでお悩みであれば、ご遠慮なく当法律事務所にご相談ください。

相続は「する・しない」の二者択一ではありません

実は、相続は「する・しない」という二者択一ではなく、借金を清算して余った財産を相続する限定承認という選択肢もあります。相続したくないとお悩みの方でも、そのご事情によっては、むしろ相続するという選択をすべき場合もあります。

「相続をしない」或いは「相続したくない」ので手続をしたいという場合はもちろん、どうしたらよいかで悩んでいるという方についても、そのご事情に応じて弁護士が丁寧に聞き取りをした上でで、専門家の視点から的確なアドバイスをいたします。

相続したくない、相続しないというお悩みは、ご遠慮なく当法律事務所にご相談ください。

また、相続開始から3か月経過後になって予想外の借金が判明してお困りという場合でも相続放棄が認められることがあります。そのような場合もあきらめず是非当法律事務所にご相談ください。

相続放棄・限定承認プラン

相続放棄の代行

相続人1人につき 5万円
2人目以降は1名につき 2万円

  • 相続放棄に関するアドバイス
  • 必要書類の取寄せ
  • 裁判所提出書類の作成と提出
  • 申述後の質問状に関するアドバイス
  • 相続放棄受理証明書の取得

限定承認の代行

基本料金:30万円

  • ※ 弁護士が代理して適切に手続を進めるので、安心してご依頼頂けます。相続放棄等の手続を済ませれば、亡くなった方の借金を負う心配や相続トラブルから解放されます。
  • ※ 遺産の内容が不明な場合は、相続財産(財産、借金等)の調査を行い、財産と借金の状況を確認した上で、相続する・しないを判断することもできます。
  • ※ 相続人と相続財産の調査には別途費用がかかります。
  • ※ 弁護士費用等の記載は全て別途消費税加算とし、税法改正により消費税及び地方消費税の税率が変動している場合、消費税相当額は弁護士報酬が発生した時点の税率により計算いたします。
  • ※ 実費は別途かかります(実費とは、公的証明書等の取寄せ費用、裁判所に納める印紙代、切手代、各種調査費用等をいいます。)。
ご相談・お問合せはこちらから!