遺産分割の実行・やり直し

「遺産分割協議の約束を守らない相続人がいる」
「遺産分割で取得した財産を引き渡してもらえない」
「遺産分割をやり直したい」
遺産分割協議をした後で、こうした問題に直面することがあります。
遺産分割協議をした後で直面するトラブルの多くは、法的に難しい問題となるケースになりがちです。
お一人で悩まず、先ずは弁護士にご相談いただき、悩みや疑問をすっきりさせた上で、次どうすべきか検討されることをお奨めします。

遺産分割協議後のトラブルは珍しいことではありません

遺産分割の約束違反だけでなく、「遺産や相続人がもれていた」「遺言が無効だった」「後から遺言がでてきた」「実は相続人ではない人がいた」などで遺産分割をやり直すケースも実際にあり、それは決してめずらしいことではありません。

遺産分割の約束違反をしている相続人に対しては、遺産分割協議の内容を実行するよう請求し、必要に応じて遺産分割後の紛議調停、共有物分割など裁判手続きを利用することになります。

遺産分割のやり直しは、一度決めた内容をなかったことにして話合いをするのですから、やり直しを求める理由によっては、きちんと法的根拠の検討を行い、各理由に即した法律論を準備しなければなりません。

遺産分割のやり直しが「再分割」として所得課税等される可能性もあります。法律面・税金面の両面の配慮も求められるのです。

  • 遺産分割の約束違反を解消したい
  • 遺産分割をやり直したい

こうしたときは、専門家に相談するのが一番です。
当法律事務所では、相続問題に詳しい弁護士が、法律面と税金面に配慮しながら、ご希望とポイントを整理して、今後、どうなるのか、どうすべきか、丁寧に説明・提案いたします。

遺産分割後のお悩みは、当法律事務所にお気軽にご相談ください。

遺産分割後のトラブル対応

遺産分割協議内容の実現

個別見積りとなります

遺産分割のやり直し

個別見積りとなります

  • ※ 弁護士費用等の記載は全て別途消費税加算とし、税法改正により消費税及び地方消費税の税率が変動している場合、消費税相当額は弁護士報酬が発生した時点の税率により計算いたします。
  • ※ 実費は別途かかります(実費とは、公的証明書等の取寄せ費用、裁判所に納める印紙代、切手代、各種調査費用等をいいます。)。
ご相談・お問合せはこちらから!